SOUND

スタッフプロフィール STAFF PROFILE

  • 監督
  • 脚本
  • プロデューサー
  • 撮影
  • 照明
  • 録音
  • 美術
  • 編集
  • 音楽
  • メインテーマ

呉美保 /監督

1977年3月14日生まれ。三重県出身。大阪芸術大学映像学科卒業後、大林宣彦事務所PSCに入社。スクリプターとして映画制作に参加しながら監督した短編『め』が2002年Short Shorts Film Festivalに入選。2003年、短編『ハルモニ』で東京国際ファンタスティック映画祭/デジタルショート600秒/泣き部門の最優秀賞を受賞。同年PSCを退社。フリーランスのスクリプターをしながら書いた初の長編脚本『酒井家のしあわせ』が2005年、サンダンス・NHK国際映像作家賞/日本部門を受賞。翌年、同作品で長編映画監督デビュー。2010年、脚本と監督を務めた『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞の金賞を受賞。2014年に発表した長編3作目『そこのみにて光輝く』は、第38回モントリオール世界映画祭最優秀監督賞をはじめ、第88回キネマ旬報ベストテン第1位&監督賞、第69回毎日映画コンクール監督賞、第57回ブルーリボン賞監督賞など数多くの映画賞を受賞し、2014年度米アカデミー賞外国語映画賞部門日本出品作品に選出された。

高田亮 /脚本

1971年10月3日生まれ。東京都出身。1994年に元大映の脚本家・工藤裕弘に弟子入りし、脚本を学ぶ。1997年よりピンク映画、Vシネマ、深夜ドラマ等、低予算の映像作品に助監督として参加し、2003年『人妻猥褻事件簿 露出投稿マニア』(城定秀夫監督/共同脚本)で脚本家デビュー。2011年、吉高由里子主演のスクリューボール・コメディ『婚前特急』(前田弘二監督/共同脚本)で一躍脚光を浴びノベライズも手がけ、翌年「ハピネスマンション」にてオリジナル小説デビュー。呉美保監督との初タッグとなった『そこのみにて光輝く』で第88回キネマ旬報ベストテン脚本賞を受賞。その他脚本を手がけた作品に、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督/共同脚本)、『わたしのハワイの歩き方』(14/前田弘二監督)、テレビ東京連続ドラマ「太陽は待ってくれない」(12/前田弘二監督、清水匡との共同脚本)、BeeTV「ラブ・スウィング~色々な愛のかたち~」(12/前田弘二監督)、BeeTV「午前3時の無法地帯」(13/山下敦弘監督、今泉力哉監督)などがある。

月永雄太 /撮影

1976年生まれ。静岡県出身。『パビリオン山椒魚』(06/冨永昌敬監督)で劇場長編デビュー。撮影を手がけた作品に、『乱暴と待機』(10/冨永昌敬監督)、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』(11/瀬田なつき監督)、『東京公園』(11/青山真治監督)、『NINIFUNI』(11/真利子哲也監督)、『明日泣く』(11/内藤誠監督) 、『キツツキと雨』(12/沖田修一監督)、『その夜の侍』(12/赤堀雅秋監督)、『バイロケーション』(13/安里麻里監督)、『ぶどうのなみだ』(14/三島有紀子監督)、「ジヌよさらば~かむろば村へ~』(15/松尾スズキ監督)、『先生と迷い猫』(15/深川栄洋監督)などがある。

藤井勇 /照明

1970年生まれ。福岡県出身。熊谷秀夫、上田なりゆき、大久保武志、大坂章夫など、有名照明技師各氏の元で助手として数多くの作品に参加し、『LADY DROP レディ・ドロップ』(03/中田圭監督)にて照明技師デビュー。おもな作品に、『天然コケッコー』(07/山下敦弘監督)、『ウルトラミラクルラブストーリー』(09/横浜聡子監督)、『ソラニン』(10/三木孝浩監督)、『パーマネント野ばら』(10/吉田大八監督)、『アブラクサスの祭』(10/加藤直輝監督)、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『マイ・バック・ページ』(11/山下敦弘監督)、『さや侍』(11/松本人志監督)、『桐島、部活やめるってよ』(12/吉田大八監督)、『横道世之介』(13/沖田修一監督)、『四十九日のレシピ』(13/タナダユキ監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)、『バンクーバーの朝日』(14/石井裕也監督)、『ストレイヤーズ・クロニクル』(15/瀬々敬久監督)など多数。

吉田憲義 /録音

1971年7月4日生まれ。千葉県出身。数多くの作品の録音と整音に携わる。おもな作品に、『同窓会』(08/サタケミキオ監督)、『ノン子36歳(家事手伝い)』(08/熊切和嘉監督)、『すべては海になる』(09/山田あかね監督)、『白夜』(09/小林政広監督)、『余命』(09/生野慈朗監督)、『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)、『富江 アンリミテッド』(11/井口昇監督)、『外事警察 その男に騙されるな』(12/堀切園健太郎監督)、『デッド寿司』(13/井口昇監督)、『さよなら渓谷』(13/大森立嗣監督)、『ヌイグルマーZ』(14/井口昇監督)、『私の男』(14/熊切和嘉監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)、『ライブ』(14/井口昇監督)、『太陽の坐る場所』(14/矢崎仁司監督)などがある。

井上心平 /美術

1974年8月14日生まれ。兵庫県出身。青山学院大学文学部卒業後、映画美術の世界に入る。独立後は2002年にTVシリーズ「私立探偵 濱マイク」(NTV)で美術を担当。また海外アーティストのミュージックビデオやCMなども手掛け、2006年にはマドンナが日本で初めて撮影したPV「Jump」のアートディレクターを務めた。映画では、『青春☆金属バット』(06/熊切和嘉監督)、『誘拐ラプソディー』(10/榊英雄監督)、『恐怖』(10/高橋洋監督)、『家族X』(11/吉田光希監督)、『指輪をはめたい』(11/岩田ユキ監督)、『東京無印女子物語』(12/大九明子監督)、『I Am Ichihashi 逮捕されるまで』(13/ディーン・フジオカ監督)、『捨てがたき人々』(14/榊英雄監督)、『海を感じる時』(14/安藤尋監督)、『5つ数えれば君の夢』(14/山戸結希監督)、『おとぎ話みたい』(14/山戸結希監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)などがある。

木村悦子 /編集

1975年生まれ。東京都出身。アクティブ・シネ・クラブ入社後、映画、ドラマ、CMやPVなどジャンルにとらわれず編集に携わる。映画では『予感』(06/廣木隆一監督)、『恋する日曜日 私。恋した』(07/廣木隆一監督)、『すべては海になる』(10/山田あかね監督)、『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』(12/飯塚健監督)、『EDEN』(12/武正晴監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)など。そのほかの作品にドラマ「タイムスクープハンター」、bonobos「三月のプリズム」、乃木坂46「私、起きる。」などがある。

田中拓人 /音楽

1974年生まれ。北海道札幌市出身。筑波大学人間学類心理学専攻卒業。作曲家・ピアニスト・音楽プロデューサー。映画・ドラマ・CM音楽を中心に、多様なジャンルのアーティストのプロデュースワークやアレンジも手がける。主な作品に、『オカンの嫁入り』(10/呉美保監督)、「新選組血風録」(11/NHK BS)、「ビターシュガー」(11/NHK)、『WAYA!』(11/古波津陽監督)、『たしかなあしぶみ~なかむらはるじ~』(12/中江裕司監督)、『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)、『太陽の坐る場所』(14/矢崎仁司監督)など。『フィッシュストーリー』(09/中村義洋監督)では劇中のバンド曲や演奏指導を担当。2012年からは世界的ヴァイオリニスト、ヴァスコ・ヴァッシレフと共に演奏家としても活動しており、本作のメインテーマ「circles」は「Takuto Tanaka featuring Vasko Vassilev」名義で発表。

ヴァスコ・ヴァッシレフ /メインテーマ “circles” Takuto Tanaka featuring Vasko Vassilev

1970年、東欧ブルガリア・ソフィア生まれ。ヴァイオリニスト。神童として注目され、7歳でアルバムデビューをはたす。10歳でブルガリア政府よりロシア最高の音楽教育を誇るモスクワ中央音楽院に派遣され数々の国際コンクールを制覇。史上最年少(23歳)の若さで英国ロイヤルオペラハウスの第一ソロコンサートマスターに就任。現在は、ロイヤルオペラハウスのクリエイティヴ・プロデューサー、英国王立音楽大学の客員教授としても活動するほか、ザ・ローリング・ストーンズのロン・ウッドやスティングなどクラシック以外のジャンルのミュージシャンとの共演も多い。近年は日本での活動も多く、ピアニストのフジコ・ヘミング、レ・フレールの斎藤圭土との共演や、華道家の假屋崎省吾氏とは国内外でコラボレーションを行う。田中拓人が音楽を手がけた『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)のメインテーマにも参加している。

星野秀樹 /プロデューサー

1971年4月30日生まれ。福岡県出身。東京都立大学大学院理学研究科を卒業後、フリーランスで自主映画制作を開始。2001年にプロデュースしたインディーズムービー『Peach』(大塚祐吉監督)が、LAIFF in JAPANにて大賞受賞、LAIFF特別招待、キノタヴル映画祭で大賞受賞、ソチ国際映画祭招待、ハワイ国際映画祭に招待されるなど注目を集める。その 後、映画を中心にプロデューサー、ラインプロデューサーとして活躍。主な作品は『ノン子36歳(家事手伝い)』(08/熊切和嘉監督)、ド ラマ『男たちの詩』(08/中野裕之監督)、「BUNGO 日本文学シネマ」(10/TBS)、『洋菓 子店コアンドル』(11/深川栄洋監督)、『夏の終り』(13/熊切和嘉監督)、『四十九日のレシピ』(13/タナダユキ監督)、『銀の匙 Silver Spoon』(14/吉田恵輔監督)など。2010年『海炭市叙景』(10/熊切和嘉監督)に続き、佐藤泰志原作の函館三部作第二弾『そこのみにて光輝く』(14/呉美保監督)をプロ デュース、最新作は三部作最終章『オーバー・フェンス』(16/山下敦弘監督)を2015年制作予定。関わった作品の多くが国内外の映画祭で高い評価を受けている。